1. 採用サイトホーム>
  2. 社員紹介>
  3. インタビュー

社員インタビュー 医療現場の経験ゼロからのスタート。勉強しながら新しい分野への挑戦を続け、現在はアシスタントマネージャーへ。 CRC/首都圏東オフィス[中途採用]

SMO業界で働こうと思った理由、きっかけは?

前職は健康食品に関するメーカーで働いていました。事務業務を中心に、管理栄養士の資格を活かして社内製品の臨床試験にも携わっていました。被験者の募集、病院での治験の実施、データ入力まで様々な業務に携わる中で臨床試験への興味が高まり、健康食品専門のCRCへと転職。転職先がSSIと合併後、しばらくして医薬品のCRCを担当するようになりました。

健康食品から医薬品へ。
担当分野が変わった当時の感想は?

最初の頃は、「医療現場の経験がまったくない自分が、本当にやってもいいのか…」という思いがありました。 医薬品のCRCとしてはじめに担当したのは、健康なボランティアに対して行うPhase1の治験です。これまでの経験とは”健康な人が対象”という共通点はありますが、医薬品を扱うため、基準やプロセスの厳格さには驚きました。

その後、徐々に患者さんが対象となるPhase2以降の担当も増えていきました。はじめてのPhase2は循環器系の治験。健康なボランティアを対象にしたPhase1と違って、患者さんに治験についてご説明して、同意をいただくまでのプロセスなど、多くのポイントを学ぶことができました。その後も様々な治験を担当していくなかで、少しでも患者さんに安心していただけるCRCになるために、自分なりに対象疾患や治療薬について勉強を重ねていきました。

やりがいを感じるのはどんな時ですか?

治験の階層により説明対象者の違いで説明方法も変わり、あがり症の私としては、大人数を前に説明をする治験よりも、一対一で説明をして治験の同意をいただくのが性に合うようです。担当医との信頼関係を構築して治験への理解を深め、患者さんの不安を解消するために、説明の仕方を自分なりに工夫したりした結果、治験に同意をいただけた時は達成感を感じます。

また患者さんとの出会いもやりがいですね。治験を進めていくと協力してくださった患者さんと距離が縮まり、段々と孫や娘のように親しく声をかけていただけるようになることが多いです。先日は患者さんから、手編みの「たわし」をプレゼントしていただきました。自分が担当した患者さんが無事に治験を終えられた時には、安心すると共に、嬉しく感じます。

また以前、札幌オフィスへ2ヶ月だけサポートに入ったこともあります。行く前は見知らぬ土地に少し不安もあったのですが、現地の方々にとても温かく歓迎していただき、思い出に残る楽しい時間が過ごせました。

アシスタントマネージャーになってからの変化は?

数か月前にアシスタントマネージャーとなり、現在は4人からなるCRCチームを任されています。最初に昇進の打診を受けた時は、「うわぁ大変そうだな」というイメージがあったのですが、実際にやってみると、一番の変化は会議・打ち合せへ出席数が増えたくらいで良い意味で「あれ?あまり変わらないかも」といった印象です。

同じチームに自分よりベテランのCRCさんがいて、困ったことがあったらサポートして下さるのでとても心強いですし、上長のフォローも日々ありがたく感じています。

私はチームワークは非常に大切だと感じているので、普段からなるべくチームのみんなと色々と話をするように心がけています。まだまだ新米のアシスタントマネージャーですが、みんながそれぞれの良さを発揮できるチームでいたいなと思っています。

後輩へのメッセージ

まったく医療分野の経験がなかった私が、新薬の開発に繋がる仕事をして、今ではアシスタントマネージャーも任されていると考えると不思議な気もしますが、誇らしくも感じています。

入社後の頑張り次第でキャリアアップできる環境です。
興味がある方はぜひチャレンジしてみてください。