1. 採用サイトホーム>
  2. 社員紹介>
  3. インタビュー

社員インタビュー 「治験」実施の裏方でCRCが重みのある役割を果たしていること。それが何よりの収穫で、SSIを就職先に決めました。CRC/名古屋オフィス[新卒採用]

就活中、SSIを選んだ理由

最初は研究職に就きたいと思い、製薬会社を中心に就職活動をしていたのですが、なかなか決まりませんでした。そこで相談しに行った大学の就職応援センターで見せてもらったのがSSIの資料だったのです。就職活動をする中で、モニターの開発職については知り得ていましたが、その他にSMOという業態や、CRCという職種があることは知らなかったので、まずはどんな仕事なのかを知るためにSSIの会社説明会に参加することにしました。

パンフレットを見る限りでは、CRCの業務内容に「○○の補助」や「○○の支援」という文言が並び、自分自身の達成感はあるのか?業務の成果はいったい何なのだろう・・と、説明会に行く直前までそれが引っかかっていました。

ところが説明会に参加して、180度考えが変わりました。首都圏東オフィスの先輩CRCの話からは、治験におけるCRCの重要性がひしひしと伝わり、気付くと私はその話を食い入るように聞いていました。一瞬でも、ただの補助だと思った自分が申し訳ないと思いました。もともと薬の研究を希望していたこともあり、新薬開発において「治験」がとても重要なものだということは分かっていましたが、この時に知ったのは「治験」実施の裏方でCRCが重みのある役割を果たしていること。それが何よりの収穫で、SSIを就職先に決めました。

仕事のやりがい

今は病院での勤務をしています。ここでは患者さまが治験に参加しても、診療が滞りなく進むようサポートしなければなりません。

医師はもちろんのこと、看護師との連携も必要ですし、血液や心電図などの検査があれば検査科の方にも協力を仰ぎます。

その他にも治験薬の説明や処方に関しては薬剤部、診察終了後の会計処理で医事課の方など、関係者が多いと調整役としては苦労することもありますが、その分うまく行ったときの喜びはひとしおです。また患者さまの笑顔や優しい言葉には、逆に私が癒されますね(笑)。

これからの目標や抱負

担当した疾患も多くなく、まだまだ経験を積めていませんが、研究という道を選ばずに人と関わる職業を選択したことは、やはり間違っていなかったと確信しています。

実は大学院の時に社会人の養成コースに通った経験があって、そこで聞いた講演で印象に残っている言葉があります。「自分からのアクションで、人の意識を変えられる」ということ。それは、これから社会人となる若者を鍛え、育てるために意識改革をされている方のお話でした。私はその言葉に感動して、将来は「人間と関わる仕事」がしたいなと思うようになっていました。

今思うと、SSIの会社説明会で聞いた先輩方のお話と通じるものがあるのですよね。なぜなら、治験に対して後向きのドクターだったり、ネガティブなイメージを持つ患者さまだったりに対して、快く協力していただけるよう働きかけることもCRCの職務の一部だからです。

でも、それが一人前にできるようになるまでにはまだまだ勉強が必要です・・。以前、「これを伝えたい!分かってほしい!」という想いが強すぎて一方的に話してしまい、先輩に注意されたことがありました。「それじゃあ伝わらないよ」って。それで最近は、自分が一方的に話さない、聞き役に回ることを心掛けています。それから、治験に参加する患者さまに不安な気持ちがあれば、気がかりな点についてじっくり聞いたり、薬以外でも様々な会話したりすることにも努めています。それによって心配ごとが解消されたらいいなと思っています。とは言いながら、私はとても緊張してしまうタイプなので、患者さまに対して失言したらどうしよう、接し方はこれで良かったかしら・・と反省の日々を繰り返しています。不安と戦いつつ一歩一歩前に進む感じですね。

CRCの仕事をしていると、そんな不安もありますが、気持ちが伝わったときの感動もあります。動物相手では、その感動は味わえなかったと思うので、研究職ではなくCRCを選んで良かったと改めて思います(笑)。新卒社員として入社させていただいて、2年目に入り、まだまだ一人前ではありません。ですので、これから多くの経験を積んでいきたいです。

応募者へのアドバイス

私自身、本当にまだまだ新人です・・。今、成長の壁を超えるために苦労が多いなと感じています。失敗して落ち込んだ時は、同期に話を聞いてもらって、気持ちを切り替えています。

反面うれしいこともたくさんありますよ。先日、学会で海外出張に行かれたドクターが、私にもお土産を買ってきてくださったのです!純粋に、私の存在を覚えてくださっていることに感動して、とても嬉しかったですね。

就職活動中の皆さんもお分かりだとは思いますが、仕事には責任があり、当然プレッシャーもあります。でもその分、些細なことでも感動し、そこから喜びが生まれるのだと思います。多くの人たちと関わりをもち、達成感の得られるCRC業務を、私たちと一緒にやってみませんか。