1. 採用サイトホーム>
  2. 社員紹介>
  3. インタビュー

社員インタビュー モニター、院内CRCの経験を活かしプロジェクトマネジメントへ。マネジメントには社交性と大らかさが必要だと感じています。プロジェクトマネジメント[中途採用]

前職はどのような仕事をしていましたか?

大学卒業後は薬局で薬剤師として勤務し、その後、モニターから院内CRCへ転職しています。
結婚を機に薬局を退職したのですが、薬剤師の資格を活かした仕事として治験に関係する職種を見つけ、再就職することとなりました。それがモニターの仕事です。

新薬に関わる仕事として、非常に楽しかったですね。2年ほど勤めた頃、携わっていたプロジェクトが終了になったので、それをきっかけに院内CRCへ転職しました。というのも”もっと患者さまに近いところ”で働きたいという意欲が生まれたためです。想像通り、CRC業務はやりがいの感じる仕事でした。ところが4年目に入った頃、妊娠が発覚。CRCとして仕事を続けたかったのですが、まずは育児に専念するため、出産のタイミングでやむなくこの職場での勤務にはピリオドを打ちました。

SSI転職時に、なぜプロジェクトマネジメント業務を
選ばれたのですか?

面接のときに勧められて。プロジェクトマネジメントは、当時「プロジェクトを成功させるための調整役」として、新しく出来た機能でした。クライアントとCRCやSMAなどの社内関係者との調整を行う業務なので、モニターとCRC経験の両方を持っていることから私に声をかけてくださったのだと思います。確かに双方の経験は、この業務でプラスになりました。でも実をいうと、面接時は具体的な業務内容についてほとんど理解してなかったのですけど(笑)。

入社当時のプロジェクトマネジメント業務を振り返ってみると、どうでしたか?

当初は人数も少なく、組織が作られて間もないこともあり、業務内容や組織体制が変わることもしばしばありました。
その後様々な試験を経験し、組織体制も整い、現在の形になったと感じています。

現在のプロジェクトマネジメント機能を
教えてください。

試験の「大規模受託」や「プロトコール全例受託」を実現させるためには、試験”全体”をコントロールしていく必要があります。プロジェクトマネジメントは、それを行う専任機能なのです。

私たちの部署には「プロジェクトマネージャー」と「SMAリーダー」がおり、各施設の担当CRCやSMAと連携を図りながら、計画的かつスムーズに試験が進行するよう様々な角度から調整を行っています。
例えばクライアントからの情報を全国の担当者へ共有したり、試験全体の進捗管理をしたりすることは、プロジェクトマネジメント機能があるからこそ円滑にできるわけですが、情報伝達をすることだけが役割ではありません。試験に関連する情報や、現場で問題があればそれを把握し、さらに分析や相談、ミーティング等で改善点を見出し社内で共有します。それによってSSIの「品質の均一化」や「品質の向上化」に繋がっているのです。
試験の進捗という点では、領域や疾患により効果の感じ方に違いはありますが、当社では幅広い領域において大規模受託や全例受託の上、完遂した経験を積んでいます。実績を上げれば上げるほど各々の領域や疾患に応じたベストな提案ができ、その結果、クライアントにもご満足いただけると感じています。

仕事のやりがいを教えてください。

大規模受託や全例受託試験ともなると、まとめる現場の数も多くなります。効率的かつスピーディな試験の遂行が求められ、それがまさにクライアントのニーズとなりますのでプレッシャーも大きいです。スピードを求めすぎても問題が生じる可能性があるため、時と場合によって柔軟な対応も必要となります。

だからこそ、期間や品質において満足いただける結果が出たら、その分喜びは大きいですね。自分から様々なプランを考えて、計画を立案して行動に移していかないといけないので大変な仕事ではありますが、それに応じた良い結果が出たときには達成感を感じます。

時間に追われていますが、子育てとの両立は?

確かに大変でしたね。「プロジェクトマネージャー」の役割としてどうしても”期限”に追われますし、トラブルがあった場合は早期に対応しなければなりません。だから夜遅くなることもしばしば。保育園へのお迎えが遅くなって、息子が最後の一人になってしまうことも多々ありました。

でも二人目の育休明けには、仕事と子育てが両立できるように上司に業務量など色々と配慮いただいているので、大変助かっています。今は部署内で「SMAリーダー」という役割に変更になり、治験事務局業務に関連する事項について、クライアントと各SMAの業務の効率化が図れるように、クライアントと社内の調整を行う業務を担っています。

この業務について、どのような方がプロジェクト
マネージャーに向いていると思いますか?

クライアントやCRC・SMAなど多くの関係者と関わるため、コミュニケーションが取れること。また自分自身で何でもこなせるような方はかえって向いていないかもしれません。やはり人それぞれ力量に違いがあるので、全員が同じスピードで業務ができるわけではないですよね。その力量を分かってあげられるかどうか。
マネジメントには社交性と大らかさが必要で、そこが「プロジェクトマネージャー」になれるポイントなのではないかと思います。

後輩へのメッセージ

社員一人ひとりの得意分野に見合った職種と、それに応じた評価をしてもらえる会社です。
プロジェクトマネジメントのように、CRCやSMA以外の職種もあるので、SSIでの仕事の可能性は広がると思います。きっと楽しくてやりがいのある「何か」に出会えると思いますので、一緒に働いてみませんか。